2年制大学のメリットとは|英語学習には大学受験を見据えた英語塾を選ぶのが最適

英語学習には大学受験を見据えた英語塾を選ぶのが最適

2年制大学のメリットとは

大学生

在学期間の短さが人気

大学進学率が急上昇する中、一般的な4年制大学だけでなく2年生の短期大学も人気で、その理由として就職までの道のりが比較的短いことが挙げられます。短期大学では4年制大学への3年次編入を目指す方も少なくないですが、特に観光系や保育系の学部の場合は早く現場で活躍したいと考える方が多いため、ほとんどが就職活動をします。また、2年という短い期間でも必要な知識や技術をしっかり身につけて活躍するために、大学も教育システムの改善や就職のバックアップに積極的な傾向にあります。以上のように、大学での学びを経て可能な限り早く就職したいという学生に2年制の短期大学が注目されており、大学自体の取り組みもその人気をバックアップしています。

進学先としての重要性

短期大学は近年では4年制大学に統合されてきているため、進学先として考慮しない受験生が少なくありません。しかし、実際には短気大学だからこそできる将来の選択や独特な学部での学びがあるため、大学進学の際は短大を視野に入れておくことが大切です。進路が明確ではないものの大学へ行きたい場合、短期大学は4年制への編入が容易なため最適な進学先と言えます。編入では必ずしも短期大学と同じ学部ではなく、学んだ内容を応用できる学部なら試験を突破すれば入学できるというメリットがあります。また、短期大学では映像クリエイターや音楽家の養成など特殊な学部を設けているところも多く、4年生の芸術大学に比べて幅広い分野を扱っています。このように、短期大学は将来の選択肢が一般的なイメージより多く用意されており、特に芸術系の学部が充実しているため、進学先の候補として考えておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加